Just a Line Android

2.1.6

Just a LineはAndroid向けの仮想現実アプリです。ユーザーはリアルタイムで生成した画像上に線を引いたり、スケッチをしたりすることができます

ARと略されることの多い仮想現実(Augmented Reality)とは、Wikipediaによると、電子端末を用いて、実際の世界の物理的な環境のビジョンを定義する用語のようです。

Googleは以前からこの分野で実験を重ねてきました。ただし、有名なGoogle Glass等、中には失敗した発明品もあります。それでもGoogleはその進歩をその他の発明の開発に活かしてきました。その一つがAndroid版のJust a Lineです。

リアルタイムで線を引き、スケッチを

このアプリはスマートフォンのカメラを有効化し、ユーザーが線を描く際に録画を行います。その後、録画したコンテンツを短い動画に変換し、画像上で様々なスケッチを見ることができるようになります。

上述したとおり、このアプリは仮想現実の分野でGoogleが行った実験の産物です。ちなみにGoogleはAR専門のラボを持っています。このアプリでは、Googleは開発者が様々なARの体験を創り出すことが名能なツールセット、ARCore SDKを採用しています。

録画を押して、リアルタイムで線を描きましょう。

その意味では、このアプリの唯一の欠点は、全てのユーザーが利用することができるわけではない点のみだと言えるでしょう。通常は、最新のAndroidのバージョンを利用していることが条件に挙げられます。事実、Just a Lineを利用するにはAndroid 7.0が必要だと明記されています。

いずれにせよ、もしアプリのインストールに必要な要件を満たすAndroid端末を持っているなら、インストールファイルをダウンロードして、描画と仮想現実の一風変わった体験を試してみるのもいいかもしれません。

条件と追加情報:
  • 対応OS Android 7.0.
Google
今月
09/29/20
2.8 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続